二次会ははしごではなく深夜営業の天王寺のマッサージサロンはどう?

今日も遅くまで残業お疲れ様!早速打ち上げですね。
でも明日も仕事があるのに、そのまま二次会、そして三次会とはしご流れですか?
確かに仕事帰りの飲み会は職場の人間関係を良好に保つための大切な飲みニケーションですがたまには、はしご酒は程々に、二次会はマッサーサロンにしてみてはいかがですか。
幸い天王寺には深夜まで営業しているマッサージサロンがいくつもあります。

アルコールは体の負担になる

マッサージに行くほど疲れは溜まっていないと思っていらっしゃるかもしれませんが、アルコール、特に深酒は心臓の鼓動を早め血管にも過剰な負担を与えます。そして肝臓や腎機能にも悪影響を与えます。決してお酒を止めなさいとは言いませんが、せめて二次会は止めて、日頃残業続きで頑張っている体を休めてあげることも大切です。
もしよければ会社の同僚も一緒に誘ってマッサージサロンに行けば、そこで立派な二次会になるんじゃないですか。何も飲むことだけがおつきあいではありませんから。

日頃のストレスはマッサージサロンで解消

深夜のマッサージサロンで裸のおつきあいをすれば、日頃心に溜めていたストレスも発散できて、翌日からの仕事の成果も上がります。しかもマッサージサロンは、肉体疲労の解消だけではありません。各種のアロマオイルを使用するアロマテラピーでは、ここを落ち着かせてストレスを発散させたり、弱った内臓機能を改善してくれる効果まであります。

頭の痛い戦略会議や、緊張の連続のプレゼンテーション。快くOKをもらえない顧客周りなど、日々のストレスや緊張でストレスは相当溜まっているはずです。そのストレス発散方法が二次会、三次会のはしご酒ばかりでいずれ身体が悲鳴をあげます。

アロママッサージで内臓の修復を

キク科のタラゴンという植物のアロマオイルには消化を促進する効果があり、弱った胃を助けるだけでなく便秘や下痢などの胃腸全般を改善してくれます。また柑橘系のアロマオイルには『リモネン』の作用で肝機能や腎機能を回復させてくれます。

毎晩のはしご酒で弱った内臓の修復にもアロママッサージはお勧めです。

そして何より疲れが取れたことで、お酒の力を借りなくてもグッスリと眠れるので、翌日の企業戦士としての戦闘力もMAXでスタートできますよ。

Follow me!